通学免許と合宿免許のメリット・デメリット

日本は車社会なのでほとんどの人が自動車免許を取得しています。地方では首都圏のようにアクセスが至るところまで整備されているわけではないので、車がないとかなり不便です。高校生や大学生はこれから取得しようと考えている方がいると思われます。ただ、通学タイプと合宿タイプのどちらにしようか迷っている方がいるはずです。そこで、それぞれの特徴を見ていきます。

通学タイプはゆっくり自分のペースで学ぶことができるメリットがあります。無理をせず自分のペースで学べるので、運転技術がかなり身につきやすいです。ただ、費用はかなり高いという問題があります。30万位くらいはかかってしまうと覚悟する必要があります。

合宿タイプのメリットはやはり費用を大幅に抑えることができる点になります。20万円前半が多く、中には10万円代のところもあるので、費用を抑えたい方にピッタリです。また、2週間ほど一緒に生活していくわけなので、新しい出会いがある魅力もあります。休日はバーベキューなどのイベントがあるので楽しいです。デメリットは2週間の短期で詰め込むので、細かいところまで教えてもらえない可能性がある点になります。合宿タイプを利用するのであれば、信頼できるかを口コミ等で確認してください。