コラムの記事一覧

通学免許と合宿免許のメリット・デメリット

日本は車社会なのでほとんどの人が自動車免許を取得しています。地方では首都圏のようにアクセスが至るところまで整備されているわけではないので、車がないとかなり不便です。高校生や大学生はこれから取得しようと考えている方がいると思われます。ただ、通学タイプと合宿タイプのどちらにしようか迷っている方がいるはずです。そこで、それぞれの特徴を見ていきます。

通学タイプはゆっくり自分のペースで学ぶことができるメリットがあります。無理をせず自分のペースで学べるので、運転技術がかなり身につきやすいです。ただ、費用はかなり高いという問題があります。30万位くらいはかかってしまうと覚悟する必要があります。

合宿タイプのメリットはやはり費用を大幅に抑えることができる点になります。20万円前半が多く、中には10万円代のところもあるので、費用を抑えたい方にピッタリです。また、2週間ほど一緒に生活していくわけなので、新しい出会いがある魅力もあります。休日はバーベキューなどのイベントがあるので楽しいです。デメリットは2週間の短期で詰め込むので、細かいところまで教えてもらえない可能性がある点になります。合宿タイプを利用するのであれば、信頼できるかを口コミ等で確認してください。

詳細情報へ


合宿免許はひとりでも友達や恋人でも取得可能です

合宿免許は、教習所で合宿を行い免許を取得するシステムです。ひとりで取得することはもちろん、友達や恋人と一緒に取得を目指すことも可能です。合宿することにより、出会いも多く、新しい友達が出来ることも多いです。教習で分からない所を教え合ったりする事も出来ますので、お勧めです。

運転免許証取得を、遠くの土地へ合宿免許で取得に行くことも人気となっています。遠くの土地で免許取得を目指すことにより、旅行気分を味わうことが出来ます。教習以外の時間を、観光に当てれば、寝泊まりする所は確保されていますので、楽しむことが出来ます。

合宿免許は、運転免許証を取得する為の最短コースです。その為に、なるべく早く運転免許証を取得したい方にお勧めです。学生ならば、夏休みや冬休み、春休みなどの長期休暇を利用して、取得することが人気となっています。学校の友達と一緒に行けるという点も人気となっています。また、金銭的にも安く済むことがあります。運転免許証は、東京などの大都会以外では、社会人になれば、必要となる資格です。田舎ならば交通手段がなく、自家用車がなければ、生活が困難な方も多くいらっしゃいます。そんな運転免許証の取得は、合宿して運転免許証を取得するという、楽しめる方法がありますので、是非お勧めします。

詳細情報へ


持ち物であると便利なものを知り合宿免許に行こう

これから多くの人が夏休みに入り、この長期休暇を上手く活用するために車の免許を持っていない人は取りに行きましょう。地元の教習所だと費用が高く、通う人が多いので、なかなか学科や技能の授業を受けることができません。こうなると夏休みの間に卒業することができないので、効率的ではありません。そのときは合宿免許に行きましょう。これに行くことで最短で二週間で卒業でき、費用も安くメリットが多いです。これはキャンセル待ちが無いので確実に授業を受けることができるので、ストレスを溜めることがありません。

合宿免許は長い期間家から離れるので、今まで味わったことのない生活になります。家と違い環境が大きく変わったところで長い期間過ごすことになるので、リラックスできる持ち物やあると便利なものを持っていくことで、快適に宿泊施設で過ごすことができます。

自分のリラックスできる物なので、音楽機器や本が好ましいです、これを持っていくことで自由時間に落ち着くことができます。これで学科や技能を集中して取り組むことができ、快適に車のことを勉強することができます。合宿免許に対して緊張している人は、自分を落ち着かせる物を持っていくことが最適です。

詳細情報へ